リスボンで食べるならこれ!!お勧めの絶品グルメをご紹介

ポルトガル

Hola !! バルセロナ在住のShuri(@CafeconlecheBcn)です。

少し前になるのですが、ポルトガルのリスボン、シントラ、ポルトへ旅行に行きました。バルセロナからリスボンに飛行機で向かったのですが、機内の軽食でエッグタルトが出てきた時に、現地では色々なお店で食べ比べをしたいなと思いを馳せていました。

またポルトガルで有名な食べ物といえば、イワシやバカリャウ(干したタラの塩づけ)など、聞いたことがあるのではないでしょうか?もちろんこれら以外にもたくさん美味しかった食べ物はありました。

ポルトガルの食事は魚介類を使った料理が多く、スペインと似ているのかなと思っておりましたが、同じような食べ物でも微妙に味が違っていたりと、いい意味で裏切られましたね。

そこで今回は実際に美味しかった料理やレストランをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バカリャウ料理の有名店「Laurentina ラウレンティーナ」

リスボンに着いて初めて訪れたレストランがバカリャウ料理の有名店「Restaurante Laurentina o Rei do Bacalhau」でした

ポルトガルの名物の一つであるバカリャウを使った料理で好評を得ており、食べて見たかったのと、ホテルから歩いてすぐの距離だったのが選んだ決め手でした。

ランチで訪れたのですが、その時は数組くらいしかいなかったのが、1時間もすると店内は満席になっていたので、確実性を持つなら予約するか、開店直後に訪れるのがよいかと思います。

まずは前菜に程よく酢のきいたタコのサラダとポルトガルでは非常にポピュラーなバカリャウのコロッケを注文。

そしてこちらがこのお店の名物である「Couvada de Bacalhau バカリャウの煮込み)」。ハーフポーションで頼みました。

二人でハーフポーションにしましたが量的には十分でした。少し塩分が強い気もしましたが、パンと一緒に食べるといいですし、お酒にもよく合うかと思います。

リスボンの観光エリアからは少し離れていますが、路面電車、バス、タクシーなどをうまく利用すれば全く問題ない距離だと思います。

Restaurante Laurentina o Rei do BacalhauのHP:http://Restaurante Laurentina o Rei do Bacalhau

ビファーナを食べるなら「Beira Gare」

ビファーナとはポルトガルのB級グルメで豚肉を少し厚めのパンに挟んだサンドイッチです。スペインでいう国民食ボカディージョみたいな感じですね。

スペインのボカディージョはパンが硬いものが多く、最初は顎がとても疲れるので(笑)、ポルトガルでもパンが硬いと思ったのですが、スペインのボカディージョより柔らかめで食べやすかったです。またボリュームがあって値段もお得でした!!

個々のお店ごとに味付けなどは変わるかとは思いますが、この「Beira Gare」で食べたビファーナは絶品でした。ショウガ焼き風味で豚肉が程よく煮込まれており、日本人の舌に合う味です。煮込んでいるそばから立ち昇る匂いは食欲を刺激し、食べて見たいと思わせてくれます!!

実は1度目の訪問時は別の料理を食べていました。そこで多くのお客さんが煮込んだ豚肉のサンドイッチを食べているのを見て気になり、店員さんに質問し、そこで初めてビファーナを知りました。こちらには2回訪れたのですが、2度目はもちろんビファーナ目当てで行きました!!

ビファーナ以外の料理も美味しい

こちらの「Beira Gare」はビファーナだけではありません。

私が食べたのはシーフードリゾットとアサリの酒蒸しのような料理です。二つの料理に共通しているのがたくさんのコリアンダー(パクチー)が入っています。日本ではパクチーの方が名が通っているかもしれませんが、呼び名が違うだけで同じものです。

パクチーが苦手の方は少しきついかもしれません。その場合は事前に抜いてもらえるように頼むのも手かもしれませんね。

量的には二人でシェアしながら食べるとちょうど良かったですが、やはり一皿の量は多いです。一人だと少し苦しいかもしれません。ただこの量で美味しく、しかも安いのでコスパはかなり高いと思います!!

場所は中心地であるロシオ広場とロシオ駅に挟まれた位置にあります。場所的に観光客が多いのかと思っていたのですが、地元住民の方も大勢入っていました。またやはりビファーナを食べている方は多かったですね。

絶品!!干しダラのチーズ入りコロッケ

干しダラのコロッケ専門店で有名なのが「Casa Portuguesa do Pastel de Bacalhau」です。このお店の前にある看板を見ると、吸い込まれるように自然と店内に足が運んでしまいます。

コロッケの中には羊乳のエストレーラチーズがふんだんに使われており、コロッケを割ると中からトロっとしたチーズが出てきます。

コロッケが意外と大きいので、観光途中など少しお腹がすいた時などにお勧めです。店内でも食べれますし、買って外で食べている方もたくさんいました。

場所はメイン通りであるアウグスタ通りで、カフェやレストランが立ち並び、観光客も非常に多かったです。

まとめ

今回はリスボンのお勧めグルメをご紹介させていただきました。

リスボンでの食事はハズレがなかったです。スペインと比べて価格もお得で、美味しかったです。シントラ観光を含めて2泊だったので、かなり急ぎ足で見て回りました。ただこの時、サッカーで足の指の付け根を骨折していたので、歩くスピードはかなり遅かったです。ホテルに戻るたびにアイシング用の氷を貰っていました。笑

次回は万全の状態で訪問したいと思います!!

ご参考になれば幸いです。Hasta luego !!

コメント